上野法律セミナー

公務員試験・就職試験対策の専門機関
戦略的・効率的学習法で公務員試験を攻略!

カテゴリ
タグ
  1. HOME
  2. 公務員試験メディア
  3. 試験情報
  4. 国家公務員にデジタル枠新設

国家公務員にデジタル枠新設

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国家公務員にデジタル枠新設

情報処理技術などの専門知識を問う新たな試験区分「デジタル」区分を、国家公務員総合職試験に新設する方向です。2021年9月の創設を目指す「デジタル庁」などの省庁に専門人材を確保し、行政のデジタル化を加速させる狙いのようです。

 1.いつから開始

本棚

デジタル区分は、2023年4月入省者を選考する2022年度の試験から導入される予定です。採用者は、最大数十人程度になりそうです。総合職試験は、2012年に国家公務員Ⅰ種試験から再編されて、現在、大卒程度の場合で11の区分があリます。追加されるのは総合職試験になってから初めてとなります。

 

  2.何が目的

AdobeStock_82023722.jpeg

デジタル区分を新設するのは、デジタル庁の創設に向けて、情報システムの構築やサイバーセキュリティーなどに詳しい人材を選抜していくためです。
現在、民間のIT企業などより待遇面で劣る中央省庁でデジタル人材が不足し、対応の遅れにつながっていることが問題となっています。

 

  3.他の試験への影響は

a7_img03.png

大卒と大学院卒で計約170人程度採用する工学区分の人数を減らし、デジタル区分に充てる案が上がっています。
採用人数が新設の分だけ増えるわけではなさそうです。

 webannnai.png
株式会社上野法律セミナー
WEB講座

独学で合格!WEB講座開催中

最新記事

タグ

採用情報