上野法律セミナー

公務員試験・就職試験対策の専門機関
戦略的・効率的学習法で公務員試験を攻略!

カテゴリ
タグ
  1. HOME
  2. 公務員試験メディア
  3. 面接対策
  4. 集団面接の注意点

集団面接の注意点

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
集団面接の注意点


 他の学生と一緒に面接を受ける集団面接。個人面接より緊張しそう…。うまくいくコツをご紹介します。

 

 

 

1.個人面接と集団面接の違い

  集団面接は一度に複数の受験生(だいたい5~8人)が面接に参加することから、回答者は人前で発表しているような緊張を覚えやすいです。また、他の受験生の回答を直接聞くことができる点で、不必要な不安を感じやすいです。面接官からすると、即座に受験生の回答を比較することもでき、失敗が目立ちやすい傾向があります。そこで集団面接を苦手とする受験生は多いです。

 そうだとしても、目的は個人面接と変わりません。受験生の内面をアピールすればよいのです。質問される内容は、志望動機、自己PRなど王道の質問が多いです。あらかじめ質問を想定しておいて練習すれば大丈夫です。

 ただ、回答者が多いため、自分に与えられる時間は少なくなります。ポイントを押さえて単刀直入に話すようにするとよいですね。そのためには、結論から話すという型を身につけましょう。

   

 

2.注意点

  受験生が複数いるということで、集団面接特有の注意点があります。

① 前の人につられない

 よく聞く失敗の一つがこれです。「志望動機を聞かれていると思ったけど、前の受験生が自己PRを話し始めた。半信半疑ではあったけど、私も自己PRをはなすことにした。実は前の学生は質問を間違えており、正しくは自己PRだった」というケースです。緊張のあまり、質問内容を忘れてしまい、前の受験生の受け答えを真に受けるという失敗です。

 他の受験生も緊張しています。他の受験生が間違えている場合もあります。冷静になって自分を信じる、または面接官に「緊張のあまり、質問内容が飛んでしまいました」と言って、質問をもう一度確認するということをしてもいいですね。(何度も聞き返すと面接官を不安にさせてマイナスになるので注意)。

 他の受験生につられないようにしましょう。

 

② 自分の番ではないときの態度

 集団面接の練習をすると、自分の番以外のときは窓の外を見たり、だらっと座って上の空、なんていう態度の受験生がいらっしゃいます。これはNGです。集中力が切れている様はとても目立ちますし、品が欠けます。

 他の受験生が話しているときの態度も、実は採点内容に含まれます。他の受験生の受け答えを聞くと緊張してしまうかもしれませんが、「私も他者の話に耳を傾けています」というサインを送りましょう。うなずいたり、話者の方へ膝を向けたりするといいですね。

 過度にうなずくと、完全な聞き役のような印象を与えるので控えましょう。あくまでも、自分も集団面接を受けている側であるということを忘れずに。

③ 挙手制ではいつ手を挙げるべき?

 一番に率先して回答するのがいいです。仮に答えが煮詰まっていなくても、回答は早いほうがベターです。順番が後ろになればなるほど、考える時間が多いわけですから、回答内容のクオリティーが高くないと面接官は納得しなくなります。早い段階で発言すると、「考える時間が少なかったから」というように甘めに採点されるでしょう。

 手を挙げるときは、明るく元気に「ハイ」。

 

 

3.他の受験生に先に言われてしまったら?

 

これが集団面接で一番恐れることではないでしょうか?複数の受験生がいれば、話題やエピソードがかぶってしまうのも仕方がないです。

 そのときは、「先ほどの方と同じです」で終わらせてはダメです。これは、自分でアピールの機会を放棄しているのと同じで、面接官に消極的な印象を植え付けてしまいます。

 同じ話題だとしても、なるべく違う言葉で表現したり、切り口を変えて説明したり、なるべくかぶらないようにする努力を見せましょう。



〔ポイント〕
・ 回答は簡潔にまとめるように
・ 他の受験生の話も聞く態度を心がけよう
・ 他の受験生と話題がかぶっても焦らない


 >>  公務員Web講座のお申し込みはこちらから
   https://www.ueno-semi.com/webcourse.html


株式会社上野法律セミナー
WEB講座

独学で合格!WEB講座開催中

最新記事

タグ

採用情報