上野法律セミナー

公務員試験・就職試験対策の専門機関
戦略的・効率的学習法で公務員試験を攻略!

カテゴリ
タグ
  1. HOME
  2. 公務員試験メディア
  3. 試験の種類
  4. 知能重視の採用試験(logical)を実施する市役所

知能重視の採用試験(logical)を実施する市役所

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
知能重視の採用試験(logical)を実施する市役所

公務員試験では,判断力・想像力を試す「知能分野」が出題されるのが特徴です。
民間採用試験でも「SPI」という試験の中で、知能分野の能力を測る問題を出題しています。

市役所に問題を提供している日本人事試験研究センターでは、知能分野を重視した採用試験である「logical」を設定しています。
今回はこの「logical」を採用している市役所を見ていきます。

  

1.知能重視のlogicalとは

AdobeStock_319939840.jpg

logicalは、
知識より論理的思考力等の知能を重視する試験です。
出題数は40題で、知能分野27題、知識分野13題と圧倒的に知能分野の問題が多いのが特徴です。
問題解決能力を測る試験として数的推理や判断推理の知能分野の問題は最適です。
民間企業でも、SPI試験で知能分野の能力を測る問題を導入しています。

〔logicalの特徴〕

  • 知能分野・知識分野それぞれの出題内容
    知能分野(文章理解、判断・数的推理、資料解釈に関する能力を問う問題を出題)
    知識分野(時事、社会・人文に関する一般知識を問う問題を出題
  • 知能分野ではStandardよりも文章理解、判断・数的推理、資料解釈の出題をそれぞれ増やす一方、知識分野では「自然に関する一般知識」の出題がありません。
  • これまでと比べて時事を重視し、社会的に幅広い分野の題材(ICT、環境問題など)を出題しています。
  • 「古文」、「哲学・文学・芸術等」、「国語(漢字の読み、ことわざ等)」の出題はありません。

    〔ⅠとⅡの違い〕
    Logical -Ⅰ 大学で学習するような内容を含むことから、大学卒業程度以上の受験者を対象とした試験でと考えてください。
    Logical -Ⅱ 高校卒業程度の受験者を対象とした試験から、大学卒業程度以上の受験者を対象とした試験となっています。
    Ⅱの方が簡単な試験となっています。

 

2.logicalの採用試験を実施する市役所

AdobeStock_192927600.jpg
logicalを公務員試験に導入している市役所は最近増えてきています。
令和3年度に導入した自治体は次の通りです。

(北海道)岩見沢市、赤平市、滝川市、砂川市、伊達市
(青森県)なし
(岩手県)奥州市
(宮城県)気仙沼市、栗原市、東松島市
(秋田県)大館市
(山形県)寒河江市、上山市、東根市
(福島県)なし
(茨城県)下妻市、常陸太田市、取手市、牛久市、稲敷市、かすみがうら市、行方市、つくばみらい市
(栃木県)小山市、下野市
(群馬県)沼田市、富岡市
(埼玉県)熊谷市、飯能市
(千葉県)銚子市、成田市、佐倉市、富津市、四街道市、八街市、印西市、白井市、富里市
(東京都)昭島市、あきる野市
(神奈川県)三浦市
(山梨県)山梨市、笛吹市、甲州市
(長野県)中野市、東御市
(新潟県)阿賀野市、胎内市
(岐阜県)美濃市、美濃加茂市、飛騨市、郡上市
(静岡県)藤枝市、裾野市、御前崎市
(愛知県)春日井市、西尾市、犬山市、江南市、新城市、知多市、あま市
(三重県)志摩市
(富山県)なし
(石川県)なし
(福井県)あわら市
(滋賀県)甲賀市、野洲市
(京都府)綾部市
(大阪府)泉大津市
(兵庫県)なし
(奈良県)桜井市、宇陀市
(和歌山県)岩出市
(鳥取県)なし
(島根県)江津市
(岡山県)なし
(広島県)福山市、東広島市
(山口県)下関市、光市
(徳島県)三好市
(香川県)観音寺市
(愛媛県)大洲市、西予市、東温市
(高知県)なし
(福岡県)大川市、行橋市、小郡市、古賀市、みやま市
(佐賀県)武雄市
(長崎県)東島原市
(熊本県)水俣市
(大分県)国東市
(宮崎県)なし
(鹿児島県)なし
(沖縄県)宜野湾市、石垣市、名護市、糸満市、沖縄市、うるま市



3.今後の傾向はどうなるか

AdobeStock_205379199.jpg
今後の公務員試験はどうなっていくでしょうか。

知能重視の試験は、暗記系の一般知識よりも考えて解く能力を重視しています。
頭の回転の速い人は知能系の問題が得意なので、自治体を支える人材として知能解法の力のある人を重要視しているかと推測されます。
知能を重視する役所は少しずつ増えてきており、今後も増加するのではないでしょうか。

知能分野は公務員試験の中でも合否を決める分野ですので、しっかり解き方を学習しておくとよいでしょう。


〔リンク〕
1.SPI導入の役所
2.常識程度の採用試験(light)を実施している市役所
3.知能重視の採用試験(logicalを)実施している市役所

 



>>  〔公務員Web講座のご案内〕 →こちらから

 独学の方のための「Web講座」を実施しています。1科目から選択可能です。
 効率良い学習で、合格を勝ち取りましょう。SPI講座もあります。


webannnai.png

株式会社上野法律セミナー
WEB講座・電子ブック教材

独学で合格!スマホで合格 WEB講座開催中

採用情報

最新記事

タグ

採用情報