上野法律セミナー

公務員試験・就職試験対策の専門機関
戦略的・効率的学習法で公務員試験を攻略!

カテゴリ
タグ
  1. HOME
  2. 公務員試験メディア
  3. 試験の種類
  4. 警察官採用試験の特徴・レベル

警察官採用試験の特徴・レベル

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
警察官採用試験の特徴・レベル

 警察官の採用試験は、警視庁(東京都)でも、他の道府県警察でも、対策すべき内容は、ほぼ同じです。また、警視庁と他の道府県警察では、一次試験(筆記試験)の期日が異なるので、併願することも可能です。また、受験機会が1年に2回ある都道府県も多く、受験できるチャンスが多い職種です。

 今回は、「警察官の採用試験のレベル、問題の特徴」について解説します。

 

 1 警察官 採用試験の種類・レベル

 警察官採用試験には、いくつかの種類があります。

  大きな区分は、学歴別の区分で、「大卒警察官(Ⅰ類)」「高卒警察官(Ⅲ類)」の二つになります。県によっては、「短大卒警察官(Ⅱ類)」を別途募集しているところもあります。「短大卒警察官(Ⅱ類)」を募集していない都道府県警察の場合、「短大卒」の方は、「高卒警察官(Ⅲ類)」を受験することになります。

  また、「大卒警察官(Ⅰ類)」「高卒警察官(Ⅲ類)」、「短大卒警察官(Ⅱ類)」は、それぞれ、「男性」「女性」で、別の募集になっていることも、大きな特徴の一つです。採用人数の「男女比」は、概ね、「3:1」「5:1」くらいです。

 「大卒警察官(Ⅰ類)」「高卒警察官(Ⅲ類)」、「短大卒警察官(Ⅱ類)」は、他の公務員試験の職種と比べて、採用人数が多いので、その分、合格のチャンスが大きい公務員試験であるといえます。

 

   警察官採用試験の種類は他に、「国際捜査」「武術・体育指導」「サイバー犯罪捜査」などが募集される場合があります。これらの区分は、語学、武術、コンピュータープログラミングなどを専門に学び、極めて高度な実力を身につけた方を募集するための区分です。男女別の採用ではなく、採用人数も各区分で1~3人程度となっており、極めて少ないです。


 警察官採用試験のレベルは、「市役所職員採用試験」と、ほぼ同じレベルです。

 つまり、「大卒警察官(Ⅰ類)」と「大卒・市役所職員(上級)」が同じレベル、「高卒警察官(Ⅲ類)」と「高卒・市役所職員(初級)」が同じレベルです。 

 

 2 警察官 採用試験の特徴

   警察官の採用試験は、「第1次試験」「第2次試験」の2段階で実施されます。

 第1次試験は、筆記試験です。「大卒警察官(Ⅰ類)」、「高卒警察官(Ⅲ類)」、「短大卒警察官(Ⅱ類)」、「武術・体育指導」では、筆記試験として、「一般教養試験」「論作文試験」が課されます。なお、警視庁警察官の試験では、これらに加えて、「漢字の読み書き試験」が課されます。

 
  第2次試験
では、「身体検査・体力検査」「面接試験(個別)が課されます。

  なお、「国際捜査」、「サイバー犯罪捜査」などの区分では、このほかに、第1次試験、第2次試験で、各分野の「専門試験」が課されます。
 

 

 3 警察官志望者が意識すべきこと

  第1次試験、第2次試験共に、警察官としての所作チェックされています。常にマナーを守り姿勢を正し明るい表情で大きな声でハキハキ答えキビキビ行動しましょう。

webannnai.png

株式会社上野法律セミナー
WEB講座

独学で合格!WEB講座開催中

最新記事

タグ

採用情報